FC2ブログ

島原太夫@京都

先週、京都日帰りツアーで
四条烏丸(カラスマ)まで行きました。

1

今回は現地集合・解散の企画で、
四条駅集合でランチ会場に向かいます。

京都市中京区新町通錦小路上ル百足屋町
の「百足(ムカデ)屋」さん

2

この度は、お向かいの系列店
くろちく百千足館(モモチタルカン)さんへ。

ちなみに経営者が黒竹さんですので
「くろちく」。かなり手広く商っておられます。

3

こちら百千足館では結婚披露宴も
行われる能舞台付の大広間があります。

4

今回はお能の鑑賞ではなく、
島原太夫(タユウ)さんの芸を鑑賞します。

まずは置屋 くし菊のおかあさんの
説明を拝聴。元 高砂太夫さんです。

・太夫道中は内八文字vs花魁道中は外八文字
・太夫の帯結は心の文字vs花魁の帯は俎板(マナイタ)
・島原は花街vs吉原(東京)は遊郭   等

5

太夫さんが履く三枚歯下駄。
太夫道中の時に履かれます。
15cm位の名入りこっぽり下駄。

6

現役の島原太夫5名のひとり、
菊川太夫さんのご登壇です。
お歯黒・下唇にだけ紅・年中素足

7

太夫さんは「こったいさん」と呼ばれ
花魁とよく間違えられるそうですが、
大きく違います。

14

また、舞妓・芸妓とも違うそうです。
舞妓→芸妓→太夫では無く、
禿(カムロ)→振袖新造→太夫だそうです。
この道のエリートコースなんですね。

琴の弾き語りを披露頂きました。

8

続いて、舞のご披露。 これも
舞妓・芸妓では踊れない舞だそうです。

9

元々太夫は、江戸時代京の花街を中心に登場した
「官許の遊女の最高位」で、舞や琴などの芸事に秀で、
和歌や俳諧の教養に長けた最高位の遊女の「格」。

10

現在で言うと、教養・芸能と美貌を備えた
高級クラブのホステスさんみたいな人?
いやそれ以上の○姉妹みたいな人?

11

現在は主に、神社仏閣での祭事や
海外での文化交流に奔走されているそうです。

12

とにかく誰でも隣に座ってお相手して
くれる方ではないのは確かです。

13

そんな太夫さんが、各テーブルを廻って
我々の愚問にも丁寧にお話下さりました。

菊川太夫さんは慶応大学卒の才媛ですが、
気さくで今風の関東のお嬢さんでした。

今後どんどん時代が移り行く中、
太夫としてどんな人生を歩まれるのでしょう?
日本の伝統芸能の継承を願いたいですね。
どうぞおきばりやす、おおきに♪

置屋 くし菊
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

京都ランチ

京都日帰りツアーでのランチは、
烏丸の百千足館(モモチタルjカン)さん。

1

菊川太夫さんのお琴演奏と舞を拝見し、
ランチを戴きました。

3

*先付
 鰊茄子・三度豆・生姜

4

*百足屋三段重
*ビール「京都に乾杯」¥800

5

おかもちのような容器を開けると
三段のお重が入っています。

7

*口取り
 もずく・山桃・粽麩
 出汁巻き・海老
 九十栂尾煮・枝豆

6

*お造り
 鱧落としと湯葉

8

*揚げ物
 鱧・南京・一寸豆

9

*焼き物
 鮎の塩焼き&蓼酢

10

*食事
 黒豆おこわ・香物・赤出汁

11

*デザート
 すいか

祇園祭特別献立 ¥3,600
とても美味しかったです。
ご馳走さまでした。

2

次は祇園祭の山鉾見学へ。。。

くろちく 百千足館


テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

祇園祭宵々山 2017

祇園祭の宵々山の日、各鉾町では
山・鉾建ても整い、祭りの雰囲気も
高まってきました。

祇園祭は八坂神社の祭事ですが、
東西は、烏丸通り⇔堀川通り、
南北は、高倉通り⇔姉小路通りに
鉾町は集中しています。

1

新町通りの百足屋さんでのランチ後
近くの山鉾見学にぶらぶら歩き。

こちらは「孟宗山(モウソウヤマ)」

2

「占出山(ウラデヤマ)」

本番の3日前から夕刻に提灯に灯が入り、
山鉾でのお囃子を聞くことができます。

3

「霰天神山(アラレテンジンヤマ)」

4

「山伏山(ヤマブシヤマ)」

5

17日の巡行本番は提灯が外され、
御神体に見立てた人形が鎮座されます。

6

「鯉山(コイヤマ)」は、7月24日の
後祭での巡行ですので山建てはまだ。

8

当日、山に飾られる懸装品を拝見しました。
こちらはベルギー製の絨毯ですが、
祇園山鉾って中国・インド・ペルシャ等
他国の文化が混ざっているんですね。

7

掛け軸「鯉魚滝昇(リギョタキノボリ)図」
所謂「登竜門」、出世を祈願します。

9

最後に「菊水鉾(キクスイホコ)」

15

こちらの懸装幕は七福神、
8,000万円程するそうです。

10

さて、菊水鉾を含めいくつかの
山鉾で一般の登上体験ができます。

11

今回はツアーに含まれまれていましたが、
粽などグッズを買うと登上できるそうです。

菊水鉾の粽(チマキ)¥1,000

前祭・後祭で計33基の山鉾がありますが、
今回はほんの一部をチラッと見学しました。

とにかく暑い時期、炎天下を歩くのも限界!

12

阪急電車で梅田まで座って帰りたいが為、
頑張って河原町まで1駅歩くことにしました。

せっかくですので、途中の六角堂に立ち寄り。

13

正式名称 紫雲山 頂法寺、
ここは洛中の中心地「へそ」だそうで、
また活け花発祥の地(池の坊流)
だそうです。

14

ウワサのフクロウも発見しましたよ♪

後祭(アトマツリ)の山鉾巡行は24日。
くれぐれも熱中症にはご注意を!

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

チェッカーりんご

Author:チェッカーりんご
主婦の自己満足の備忘録です
人様の役に立つブログでは
ございませんので悪しからず

私は、外食・酒・生魚大好き
夫は、外食・酒・生魚苦手・・・と
チグハグ夫婦の食生活
1人前定食は夫用です
外食は私お一人様

カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR