長浜散策@滋賀県

10月中旬、社員旅行で滋賀県へ行きました。
宿泊は、米原のエクシブ琵琶湖。
翌日の午後から、長浜観光に行きました。

2

長浜には何度か来ていますが、
今回はじっくり観光が出来そうと
「長浜浪漫パスポート」¥1,000を購入。
5ヵ所の有料施設に入館できます。

3

まずは、北国街道沿いの「安藤家」
江戸時代の豪商のお屋敷です。
¥400

4

入って、まず目に飛び込んで来るのが
豪華な打ち掛け

5

総刺繍とでも言うのでしょうか、
華やかな図柄が刺繍で施されています。
かなりの重量がありそうね。

8

当時の町家にはどこも中庭があり、
日本家屋の粋を感じます。

6

呉服問屋として財を成した安藤家は、
福島県の百貨店「中合」の祖だとか。

7

このお庭は「古翠園」と言い、
布施宇吉による作庭で、
巨岩を配した回遊式庭園です。

縁側のある広間に佇んで、しばし
お庭を眺めると心も落ち着きます。

9

離れの書院「小蘭亭」は
北大路魯山人が描いた
斬新な襖絵や天井画がありました。

北大路魯山人は、波乱万丈の人生を経て、
篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家の他、
料理家・美食家としても有名ですね。

10

2階から観た古翆園(お庭)。
個人宅の庭とは言え、日本庭園は
建物と調和した計算美が窺えます。

11

北国街道沿いには、虫籠窓、紅殻格子の
近代和風建築が保存されています。

12

北国街道は、かつて北陸と京阪神を結ぶ
重要な街道でした。

長浜城下町は、武家屋敷町に比べて
町屋が多く、商業都市を目指して
城下町を建設したのではないかとのこと。
楽市楽座も布されていました。

13

黒漆喰の外壁をもった
第百三十銀行長浜支店の跡
平成元年「黒壁ガラス館」として営業。
明治33年に建てられたものです。

19

丁度この日は「長浜園遊会」が開催され、
別名「きもの祭り」だそうで、和服姿の
女子が溢れていて華やかな風景でした。

14

黒壁ガラス館のお隣の
黒壁オルゴール館。
こちらは板塀の蔵のような建物。
(入場無料)

15

1階はお手頃価格の商品が販売され、
また手作りオルゴール教室もやってました。

16

我々の目的は、2階の高級オルゴールの
音色を聴かせてもらうこと
(購入はしません)

この日はイベント関係の諸事情で、
2階はクローズされていましたが、
無理を言って従業員階段を使用して
2階の展示販売コーナーを見学しました。

17

100年前に作られた鉄製ディスクの
アンティークオルゴール。
¥100で聴かせて頂けます。

18

この音色も素晴らしいのですが、
オルフェウスの音色は心に響きます↓

63
        拝借画像

シリンダー式100弁のラ・カンパネラを
聴かせて頂きましたが、鳥肌モノよ!!
¥340,000の癒し♪
ヒーリング効果バッチリの音色でした。

黒壁 オルゴール館.

では、ここでランチタイム→千成亭 橙

20

さて、長浜と言えば「曳山(ヒキヤマ)まつり」
毎年4月に催される長浜八幡宮の祭礼です。

21

曳山博物館を見学しました¥600
館内では、おじさん(ガイドさん)が
案内して下さいます。

博物館に展示の山車は撮影禁止なので、
以下、画像を拝借致しました。

22
          拝借画像

長浜の曳山は、京都祇園祭の山鉾、
また高山祭の屋台に似ていますが、
非常に特徴のある造りで、屋台上に
4.5畳の舞台がしつらえてあります。

23
         拝借画像

祭の歴史は950年前に遡りますが、
現在は、13基の重さ6tもある
舞台付屋台が町内を巡行します。

24
         拝借画像

この山車舞台で行われるのが
「こども歌舞伎(狂言)」

町内を移動して、辻々で
40分の出し物を演じるそうです。

25
         拝借画像 

拝見したことはないのですが、
なかなか本格的な演技らしいです。

26
        拝借画像

長浜では歌舞伎のことを「狂言」「芸」と呼び、
曳山を持つ町の5歳から12歳くらいまでの男子
によって演じられます。

27
         拝借画像 

こども歌舞伎もさることながら、
山車の装飾も立派です。

左右の胴幕や後ろの見送り幕と
呼ばれるタペストリー(ゴブラン)も
見どころの一つです。

曳山まつり本番も是非見たいものです。

長浜 曳山まつり

28

ガラッと変わってこちらは
「海洋堂フィギアミュージアム黒壁」
本社は大阪府門真市、
なんでココにあるんやろ?

29

もともとお菓子のオマケが発祥で、
現在、アニメのフィギアが人気ですね。

30
31
32

入館料¥800もするのですが、
おばさんには何がなんだか。。。
全く興味がございませ~ん。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁

34

では次!大通寺へ。
長浜城が没落してからは、
大通寺の門前町として栄えました。

33

きもの園遊会の会場となっていたらしく、
和服姿の方がゾクゾク出てきていました。
俳優の山本耕史さんも来られてたとか。

石田三成の出身が、ここ長浜ですもんね。

長浜きもの大園遊会

35

16:30 ちょっとオヤツタイム
琵琶湖の魚を自家養殖、
販売しているきむらさん

36

1匹¥400、骨まで食べられます。
美味しい~!

あゆの店 きむら 長浜黒壁店

1

そろそろ夕暮れ、帰宅時刻も迫りました。
長浜駅前の“豊臣秀吉と石田三成の像”
秀吉と三成が出会った「三献の茶」は有名。
気働きのススメですね。。

38

東の空にに浮かぶ満月を観ながら
帰阪しました。

オマケ
13

「せんねん灸」で試供品を頂きました。
よく歩きましたので、ツボに貼ろ!

せんねん灸


スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

チェッカーりんご

Author:チェッカーりんご
主婦の自己満足の備忘録です
私は、外食・酒・生魚大好き
夫は、外食・酒・生魚苦手・・・と
チグハグ夫婦の食生活。
1人前定食は夫用です。
外食は、私お一人様。

カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR