美濃の旅~モネの池~

11月のはじめ、日帰りバスツアーで
大阪から岐阜県に行って来ました。

紅葉にはまだ早い時期だったのですが、
晴天に恵まれた一日でした。 まず、

3

モネの池(と呼ばれている)へ行きました。
昨年あたりから話題になった「名もなき池」、
車でしか行けない農村地帯にあります。

4

“まるで絵画のような”と形容される
岐阜県関市の根道神社の池です。

1

透明度が高く、本当に油絵のようでした。
印象派の画家 クロード・モネの 
「睡蓮(スイレン)」シリーズに似ています。

2

季節により、天候により
見せる表情は違いますが、
いつ行ってもハズレなしの美しさらしい。

5

金色、銀色の鯉・ハート模様の鯉なども
池の演出を担っています。
小さな池ですが、ホント綺麗!

7

池の全景はこんな感じ。
テニスコートの1.5倍位かな。
一周徒歩3分で廻れます。

8

池の周りは、立錐の余地もないほど
グルリと観光客で埋め尽くされていました。
でも、少し待つと空きますよ。

9

まわりの山々もほんのり色づいてきました。
麓の板取川も水のきれいな清流です。

10

さて、今回のツアーランチはお弁当。
ハードスケジュールなので、バス車内で。

11

関ヶ原で積み込んだ花伊吹製の
飛騨牛ステーキ弁当、美味しかったです。

12

つづいての観光スポットも
電車ではちょいと不便な大矢田神社。
別名、もみじ谷と呼ばれているそうです。

13

お寺のような楼門は美濃市指定文化財で
両脇間に仁王像が安置してあります。

14

拝殿までは、この太鼓橋から
二百数十段の階段を上ります。
運動不足の私は息が切れます(汗!)

17

徐々に色づいてきましたね。

16

大矢田神社一帯のもみじ谷は、
約3000本のヤマモミジの原生林があり、
樹齢1000年以上の古木もあるそうです。
11月の3週目位が見頃になるでしょう。

35

11月23日には「もみじ祭り」に加え、
郷土の祭「ひんここ祭り」も開催されますよ。

次は、郡上八幡へ↓
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

チェッカーりんご

Author:チェッカーりんご
主婦の自己満足の備忘録です
私は、外食・酒・生魚大好き
夫は、外食・酒・生魚苦手・・・と
チグハグ夫婦の食生活。
1人前定食は夫用です。
外食は、私お一人様。

カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR