伊根(京都)散策

バスツアーで丹後半島の伊根町に行きました。
油屋さんでランチを戴いたあと、
地元ガイドさんの案内で、伊根の町を散策。
梅雨入り前の絶好の行楽日和でした。

1

伊根町では、舟のガレージを舟屋と呼び、
周囲5キロメートルの湾に沿って
230軒あまりの舟屋が立ち 並ぶ風景は壮観で、
重要伝統的建造物群保存地区でもあります。

2

いにしえのNHK朝ドラ「ええにょぼ」、
「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」等の
ロケ地として有名になりましたね。

前々から一度訪れたい処でした。

3

舟屋は母屋から道路を挟んで海際に建てられ、
1階には船揚場、物置、作業場があり、
2階は生活の場、客室、民宿等になっています。

4

では「舟屋」にお邪魔しましょう。
切妻造りの妻入りが特徴の建物です。

5

正に舟のガレージ、海と繋がっています。
丁度海上タクシーが通過中。乗りたいな♪

6_20170611085452a37.jpg

こちらは「蔵」&「舟屋」
蔵には漁師の宝物=魚網を収納したとか。

7

あちこちの蔵に施されている
「鏝絵(こてえ)」は、
左官が壁を塗るこてで絵を描いたもので、
漆喰装飾のレリーフです。

8

かつて財を成した豪商や網元が
母屋や土蔵を改築する際、
富の象徴として外壁の装飾に
用いられたそうです。 
これは「水」と書かれています。

9

暫く歩くと「資料館」があります。

10

立派な鯉のぼりですが、この地域では
屋外に鯉のぼりはあげないそうです。
風は漁師さんにとってご法度ですもんね。

11

昔の生活道具が雑然と展示されています。

12

中央のわっぱ弁当箱には、
時化に備え、一升飯が入るそうです。

13

貴重?な文献も雑然と展示。
もう少し大事に扱ってほしいですね。

14

お隣は江戸時代の舟屋を再現しています。

15

現在はいぶし銀の瓦葺ですが、
江戸時代は草葺で
網を干すため二階の床板がなく、
風通しの為、壁もなかったそうです。

16

当時は「ともぶと」と呼ばれる軽舟で
捕鯨もしていたそうです。
命がけですね。

17

今でも湾にクジラやイルカが
小魚の群れを追いかけて、
迷い込んでくることがあるそうで、
運が良ければ見られるそうです。

18

順路は前後しますが、こちらは
老舗酒蔵の向井酒造さん、
女性杜氏さんが活躍しています。

19

看板酒「京の春」や、赤米で造った
「伊根満開」など試飲させて頂きました。

向井酒造

20

観光客で賑わうこの地も
現在はご多分に漏れず、
漁業従事者が減少しているそうで
舟の無い舟屋がいっぱい。
それはそれで寂しいですね。

2時間ほどの伊根浦の散策、
ほんの一部の見学でしたが、
日本の長閑で美しい原風景に触れ、
晴天にも恵まれ心癒される散策でした。
またゆっくり行きたいスポットです。



スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

チェッカーりんご

Author:チェッカーりんご
主婦の自己満足の備忘録です
私は、外食・酒・生魚大好き
夫は、外食・酒・生魚苦手・・・と
チグハグ夫婦の食生活。
1人前定食は夫用です。
外食は、私お一人様。

カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR