島原太夫@京都

先週、京都日帰りツアーで
四条烏丸(カラスマ)まで行きました。

1

今回は現地集合・解散の企画で、
四条駅集合でランチ会場に向かいます。

京都市中京区新町通錦小路上ル百足屋町
の「百足(ムカデ)屋」さん

2

この度は、お向かいの系列店
くろちく百千足館(モモチタルカン)さんへ。

ちなみに経営者が黒竹さんですので
「くろちく」。かなり手広く商っておられます。

3

こちら百千足館では結婚披露宴も
行われる能舞台付の大広間があります。

4

今回はお能の鑑賞ではなく、
島原太夫(タユウ)さんの芸を鑑賞します。

まずは置屋 くし菊のおかあさんの
説明を拝聴。元 高砂太夫さんです。

・太夫道中は内八文字vs花魁道中は外八文字
・太夫の帯結は心の文字vs花魁の帯は俎板(マナイタ)
・島原は花街vs吉原(東京)は遊郭   等

5

太夫さんが履く三枚歯下駄。
太夫道中の時に履かれます。
15cm位の名入りこっぽり下駄。

6

現役の島原太夫5名のひとり、
菊川太夫さんのご登壇です。
お歯黒・下唇にだけ紅・年中素足

7

太夫さんは「こったいさん」と呼ばれ
花魁とよく間違えられるそうですが、
大きく違います。

14

また、舞妓・芸妓とも違うそうです。
舞妓→芸妓→太夫では無く、
禿(カムロ)→振袖新造→太夫だそうです。
この道のエリートコースなんですね。

琴の弾き語りを披露頂きました。

8

続いて、舞のご披露。 これも
舞妓・芸妓では踊れない舞だそうです。

9

元々太夫は、江戸時代京の花街を中心に登場した
「官許の遊女の最高位」で、舞や琴などの芸事に秀で、
和歌や俳諧の教養に長けた最高位の遊女の「格」。

10

現在で言うと、教養・芸能と美貌を備えた
高級クラブのホステスさんみたいな人?
いやそれ以上の○姉妹みたいな人?

11

現在は主に、神社仏閣での祭事や
海外での文化交流に奔走されているそうです。

12

とにかく誰でも隣に座ってお相手して
くれる方ではないのは確かです。

13

そんな太夫さんが、各テーブルを廻って
我々の愚問にも丁寧にお話下さりました。

菊川太夫さんは慶応大学卒の才媛ですが、
気さくで今風の関東のお嬢さんでした。

今後どんどん時代が移り行く中、
太夫としてどんな人生を歩まれるのでしょう?
日本の伝統芸能の継承を願いたいですね。
どうぞおきばりやす、おおきに♪

置屋 くし菊
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

チェッカーりんご

Author:チェッカーりんご
主婦の自己満足の備忘録です
私は、外食・酒・生魚大好き
夫は、外食・酒・生魚苦手・・・と
チグハグ夫婦の食生活。
1人前定食は夫用です。
外食は、私お一人様。

カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR